お金とはコミュニケーションの道具

最終更新日

お金に関してイメージをする前に今一度思い出さなければならない事がある。それはお金が、人と人を繋ぐ“コミュニケーションの道具”ということである。この世の中に存在するのがあなた1人だけだったら、お金を持っていても何の価値にもならない。なぜこう言い切れるかというと、お金が人と人を繋ぐために作られた概念に過ぎないからである。お金は以下のような3つの役割を担っています。

お金は品物の価値を表わす役割

例えば500円で設定されている本が、“500円”とすべての人が認識することができるのはお金という概念が普及しているからである。この世の中にお金が存在しなければ、家畜や野菜などでその価値を表わすしかない。これは非常に効率が悪くて、本を購入するにあたって牛を差し出す人もいればジャガイモを差し出す人もいるといった、バラバラの基準で価値を表す原因となる。牛が高級そうに見える、ジャガイモが育つまでの苦労が分からないのかなど、このような混乱を無くすためにも物の価値を一定に現わすためのお金という概念が非常に重要になってきます。

お金は交換するための役割

お金は品物の価値を表わすことができるのと同時に交換することもできます。そうするから、本は500円というお金と交換することができるのです。昨今は技術の進歩によって、お金という概念が更に拡張されてきました。
紙幣や硬貨だけでなく、金券やプリペードカードなど、各種電子マネーに至るまで、私たちが把握しているお金の形式はますます進化しています。しかし形式は変わっても、それらの“お金”は何らかの価値を表わす存在として、何らかの物と交換できる事に変わりありません。

お金は貯めるための役割

お金は貯めることができます。消費期限もなく(金券やポイント等例外はある)別に持っているお金を一度に使う必要もない。その為に“宵越しの金は持たない”といったひと昔前の生き方をしなくても良いのです。
このようにお金を貯めることで、高い価値を保有しておくことができるようになります。いつでもお金を何かと交換することができる状態にしておけば、生活も安定しますし、貯めて高い価値の物と交換することもできるようになります。
ただ世の中には、“お金自体”に価値があると盲信している人がどのくらい多いのか。その為に、もう一度お金が持つ役割について考える必要があります。
上記で説明した内容を読んでみればお分かりの通り、お金は人と人とのコミュニケーションを、円滑にするために発展してきたということを知ることができたと思います。お金という価値を人と共有し、交換する価値が決まっていれば、変な不平等感が生まれることはありません。ここにお金のすべての答えが隠されています。お金は、人と人を円滑にするための緩衝材として発展してきた物に過ぎないのです。

まとめ

あなたが今以上にお金を得たい、無所蔵にお金を得たいと思う場合、まず“人”に着目する必要があります。
お金が欲しいと言って、10万円、20万円といった目先のお金ばかり追うのはナンセンス。そんなイメージでは、爆発的なお金を得ることはできません。
ではどのようなイメージでお金を引き寄せる事ができるのでしょうか?それは“人間関係を捉えること”になります。人間関係を捉えることで、“人に対しての立ち位置”“人に対してのふるまい”に確実に変化が起きるようになります。今までお金ばかりに向けていたイメージを“人目線”で捉えることで、劇的にお金を引き寄せることができるようになります。
そう、正しいイメージはお金ではなく“人に対して持つこと”に意味があるのです。

シェアする