世界でも人気!日本の話題テーマパークを3つのランキングで分析

日本でも人気のテーマパークは、世界からも注目されています。

アメリカやフランスには、話題の大きなテーマパークが多いですが、そんな中でもランキングにおいて日本のテーマパークがトップ5にランクインしています。

ここで、国内で人気のテーマパークの順位を世界、日本、口コミの3つのランキングで見ながら、様々な観点で分析していきます。

東京ディズニーランドのテーマパークランキングは?

日本でも全国的に人気な千葉県の東京ディズニーランドは、国際的に見ても注目度が高いです。

ここで世界や日本国内、口コミのランキングから、人気度を分析してみます。

世界テーマパークランキングでは3位

※1

なんと世界のテーマパークランキングでは堂々の3位。入場者数は2017年の時点で1,350万人です。

世界規模では、アメリカにテーマパークが多く人気ですが、アメリカと日本では人口がかなり違います。

同じアジアエリアでは、中国のディズニーランドも人気で、世界的にチケット購入者が増えています。

東京ディズニーランドの入場者数が国際的に見ても多い理由は、メンバーズ会員や年間パスポートを持っているお客様の定着も影響しているという説があります。

日本テーマパークランキングでは1位

※2

日本人のメンバーズ会員が多いことも影響してか、2018年の時点で国内のランキングでは1位です。
これは、東京ディズニーシーと合わせての入場者数カウントですが、ディズニーランドとディズニーシーの合計が3,010万人なので、間違いなくトップの座に立っています。

国内では、東京ディズニーランドのシンデレラ城でのウェディングで利用されるお客様も全国的に多く、OFFICIALSITEへのアクセスが増加しています。
六曜に基づいて日取りをする傾向にあるため、先勝や先負、友引、大安、赤口などは予約が多いですが、仏滅は少ない傾向にあります。

口コミテーマパークランキングでは3位

※3

入場者数によるランキングでは順位が高い東京ディズニーランドですが、2017年のWEBでの口コミ調査によるランキングでは3位と、低めの結果が出ています。

口コミのランキングは入場者数のランキングとは少し順位が違い、トップ5に三重県の長島スパーランドが入っているのも興味深いです。
ナガシマスパーランドの近くには長島温泉もあるので、温泉旅行を目的としたツアーの注文が多いです。
書店に行くと、おすすめの旅行ツアーや観光スポットとして掲載された書籍や雑誌が多く販売されているのを見かけます。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのテーマパークランキングは?

大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパンは、2001年にオープンした世界からも注目のテーマパークの一つです。
ここで、世界や日本国内、口コミのランキングから、人気度を分析してみます。

世界テーマパークランキングでは4位

大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパンの2017年のお客様入場数は約1,493.5万人で、世界ランキングでは4位です。

周辺には、大阪空港と関西空港があり、関西空港には国際便があるので、海外からのお客様が会場にアクセスする手段での利用が増加の理由の一つでもあります。

日本テーマパークランキングではランク外?

2018年の日本テーマパークランキングでは、なんとランク外のユニバーサル・スタジオ・ジャパン。
その理由は、2018年より入場者数の公表をしなくなったからです。
実は、愛知県のレゴランド・ジャパンも2018年から入場者数を公表していません。

口コミテーマパークランキングでは1位

2017年の口コミによるランキングでは1位を獲得しています。
これは世界から集めた口コミによるランキングなので、リアルな口コミでは、大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパンへの関心や人気が高まっていることがわかります。

東京ディズニーシーのテーマパークランキングは?

東京ディズニーランドと合わせて人気が高い東京ディズニーシーは、子供はもちろんのこと、大人が楽しめるアトラクションやステージが多く、ランドよりも落ち着いた雰囲気が魅力です。
ここで、世界や日本国内、口コミのランキングから、人気度を分析してみます。

世界テーマパークランキング(2017年)では5位

2017年に実施の世界テーマランキングでは少し低めの5位にランクインしています。
入場者数は約1,350万人で、前年と比較すると増加しています。

日本には、東京を中心に全国的に数々の観光スポットがあり、世界からもお客様が集まって生きています。
またSNSメディアで有名な、FacebookやTwitterでは、旅行レポートのような写真を添えた投稿が多く見られます。

日本テーマパークランキング(2018)では1位

2018年の日本テーマパークランキングでは、東京ディズニーランドと合わせてディズニーシーも1位に輝きました。

ランドとシーの入場者数を合わせての1位ですが、全国的に見てもやはり人気のテーマパークです。

昨年は2位に輝いたユニバーサル・スタジオ・ジャパンですが、2018年より入場者数を非公開にしたため、2位に長崎県のハウステンボス3位にサンリオピューロランドがランクインしており、興味深い結果になっています。

国内では、東京以外の地域のお客様を対象に、温泉宿に宿泊できる旅行ツアーやキャンペーンなども多数用意されており、楽天などの旅行予約検索サイトなどからの申し込みが増えています。

口コミテーマパークランキング(2017)では2位

2017年の口コミランキングでは2位にランクイン東京ディズニーシー。1位は、最近注目度がさらに高まっている大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパン、3位は東京ディズニーランドです。

東京には特にたくさんの観光スポットがあるので、海外からのお客様が集まっている中で、東日本大震災の影響による福島県の原発事故の環境問題の影響が一時的に予想されていました。

しかし、テーマパークランキングの結果を見る範囲では、そこまで影響してないように見受けられます。




まとめ


日本で人気のテーマパークを世界、日本、口コミの3つのランキングで見てきました。
世界と日本のランキングは 入場者数、口コミランキングについては口コミ評価が結果に反映されています。

入場者数では順位が高い東京ディズニーランドですが、 口コミではユニバーサル・スタジオ・ジャパンの方が順位が高かったので、 この結果は今後のランキングに影響してくる可能性が高いです。

口コミのランキングが高かったことや総合的に見てみても、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンが最も今注目されている日本のテーマパークであり、 今後の動きが気になるところです。

※1・・・Themed Entertainment Association(TEA)が2017年に実施した「世界のテーマパークの入場者数ランキング」を参考
※2・・・綜合ユニコム「全国の主要レジャー・集客施設 入場者数ランキング 2018」を参考
※3・・・世界最大の旅行サイト「TripAdvisor」の「トリップアドバイザーの口コミで選ぶ 世界の人気テーマパーク2018」を参考