ムーミンテーマパークが埼玉に上陸!バレーパークの魅力もご紹介!

2018年の11月に埼玉県飯能市に誕生したムーミンテーマパーク・メッツァ。

ムーミンといえば、北欧初の世界で有名な人気キャラクターで、ムーミンだけではなくスナフキンなどのキャラクターも人気ですよね。

ムーミンテーマパーク・メッツァでは、ムーミンの世界観を思う存分体験できるアトラクションや展示、レストランやショップなどが集まっています。

ここで、小学生から中学生、大人にもおすすめなムーミンテーマパーク・メッツァの魅力をご紹介します。

ムーミンテーマパークのメッツァビレッジとバレーパークの違い

ムーミンテーマパーク・メッツァには、ムーミン誕生の地、北欧のフィンランドのライフスタイルを体験できる施設の「メッツァビレッジ」と、ムーミンの物語に描かれる世界を体感できる「ムーミンバレーパーク」があります。

2018年の11月に誕生したメッツァビレッジは入場無料、ムーミンバレーパークは2019年3月16日にオープンしたばかりの有料エリアです。

それぞれの面積は、メッツァビレッジが16.3万㎡、ムーミンバレーパークが7.3万㎡と、かなり広く、二つのエリアを合わせると東京ドーム4個分程度の大きさになります。

そこには、宮沢湖の面積が含まれていないので、1日では回りきれないほどの大きさで、それぞれのエリアの内容もスケールがかなり大きいのです。

ムーミンテーマパークのメッツァビレッジの魅力

ムーミンテーマパークのメッツァビレッジは、最近オープンしたムーミンバレーパークよりも一足先に誕生していたフィンランドのライフスタイルを体験できる施設です。
無料入場エリアですが、かなり内容が充実しており、こどもでも団体でも満足できると評判です。

マーケットエリア

メッツァビレッジのマーケットエリアは1階にあり、北欧の食品を取り揃えた食品フロアと会話を楽しめるカフェがあります。

2階に行くと、北欧に旅行に行ったような気分になれる商品と触れ合えるブランドセレクトショップフロアが広がっています。

セレクトショップ・アーティストギャラリー

セレクトショップ・アーティストギャラリーは、フィンランドの有名な作家さんたちのグッズが展示されているスペースです。

作品を通して作り手の思いを感じ取り、手にとって鑑賞することでお気に入りのグッズに出会えるかもしれません。

レストランエリア

メッツァビレッジには、ショッピングの前後にゆっくりと食事ができるレストランエリアも充実しています。

軽食やお茶が出来る北欧のCafeから、本格的な北欧料理を味わえるレストラン、和のスイーツを扱ったお店など、バラエティ豊かな内容です。

その他には、カヌーや木を使った作品を体験的に作れるカヌー工房・木工房、小さなボートに乗って湖面の散歩を楽しめるボート乗り場・桟橋もあります。

ムーミンテーマパークのムーミンバレーパークの魅力

ムーミンバレーパークは、2019年3月にオープンしたばかりのムーミンの世界観を体感できる有料エリアです。

体験型の展示エリアやアトラクションなど様々な内容がぎっしり詰まったテーマパークですが、その中でも子供も大人も楽しめるアトラクションを厳選してみます。

Merenhuiske(メレンフイスケ)

ムーミンの物語の中でも有名なパパの友人の発明家が作った「海のオーケストラ号」に乗って、ストーリーを体感できる体感モーフィングシアターです。
若い時のムーミンパパやスナフキンのお父さんなども登場しますよ!

ikkuMyynleikkipaikka(ピックムーンレイッキパイッカ)

ムーミン屋敷を舞台に、主人公のリトルミイが自由気ままに可愛いイタズラを繰り広げていく映像に刺激を受けながら、ムーミンの物語を体感できるシアター型アトラクションです。

リトルミイのイタズラに手を焼くムーミンパパとムーミンママの姿も見もので、いつのまにか映像に引き込まれて、リアルとバーチャルの境目がわからなくなるほどです。

Paja(パヤ)

ムーミンのストーリーに基づいた作品を作ったり、トーベの作品づくりを体感できるワークショップです。
様々なイベントが用意されており、ものづくりを通してムーミンの世界観を体験することができます。
北欧ならではの白を基調にした空間で、癒されながら作品作りに夢中になれます。

日本初のムーミンテーマパークは大人にも子供にもおすすめ!

北欧のフィンランドでは有名なムーミンテーマパークですが、日本では初めてのテーマパークで、東京ではなく、都心からは少し離れた埼玉にあるのが、一つの魅力です。

埼玉だからこそ、広いエリアのテーマパークが実現したのですね。

東京や埼玉などの関東エリア以外からも、観光ツアーの中でムーミンテーマパークをプランする人や団体も多いです。
公式サイトが充実しているので、インターネットから入場のチケット料金や予約方法、電車やバス、車などでのアクセス案内、駐車場の情報なども簡単に調べられるので便利です。

東京の池袋からもアクセスしやすいので、東京人にも人気のスポットです。

混雑予想のGWも大丈夫!ファミリー向けの東京テーマパーク3選

引用元:https://metsa-hanno.com/