失敗しない不動産会社の選び方

物件の契約条件はどの不動産企業も基本的にはに同じです。
賃貸物件を探すというと、10年くらい前まては、暮らしたい町まて行き、足を使って探すのか普通でした。

なせかと言うと、、、両親の世代がその探し方で物件を探していたからです。
ですから、息子や娘も同じように探すものというイメーシを持っているため、足を運んて探す場合が多々あるようです。

けれども本当は、いくつもの不動産企業に行く事が最も良い探し方とは今は言えなくなってきています。それはなぜでしょうか?

不動産物件情報の登録と供給を行うレインズというシステムを通して、不動産取引の透明性と、適正・円滑・迅速な取引の実現を図る事を決めました。

レインズとは、RealEstateInformationNetworkSystem(不動産流通標準情報システム)の略称で、国土交通大臣から指定を受けた不動産流通機構が運営しているコンピューター・ネットワーク・システムの名称です。

指定流通機構の会員不動産企業が不動産情報を受け取ったり情報提供を行う仕組みで、会員間での情報交換がリアルタイムで行われます。

この仕組みが出来てからというもの、自社でもっている物件情報は普通にレインズに掲載しましょうという決まりができました。

一度、不動産企業がレインズに物件の情報を掲載すると、その情報は、日本中どこの不動産企業でも他の不動産企業と同じ条件で検索することができ、お客にも紹介することができるシステムなのです。

では、なせ『レインズ』というシステムが生まれたのでしょうか?
それは、不動産業界を活性化させるためでした。

不動産の売却、賃貸を検討している方に、不動産業界全てが協力して買い手、借り手をお探しできるようにという思いのもと生まれました。

物件を紹介している不動産会社は、契約形態にもよりますが、基本、レインズに掲載しなくてはいけないという宅地建物取引業法の規定があります。

また、その情報は形態によっても異なりますが、情報を手に入れてから何日以内に掲載しなければいけないという決まりもあります。

不動産を依頼された不動産企業からしても、レインズに掲載しないと自社だけの情報で入居者を探さないといけないため、大抵の場合は掲載をしています。
レインズに載せた不動産は、宅地建物取引業者であればそこに掲載されている条件でお客様に紹介することができます。

なので、極端な話、新宿にいても北海道の札幌のワンルームを探してくれと言われた場合、探すことが可能なのです。

レインズの情報は、東京都内の物件の約8~9割は掲載されていると言われてます。
ですので「うちの会社だけでしか持っていない物件ですよ」というのは実は、70〜80%が営業トークということになります。それでは、どの不動産会社に行っても不動産情報は同じなのかというと、答えはレインズを使えるのであればどこでも同じです。

では、不動産会社は全て同じなのでしょうか?
実は、不動産会社は3つのパターンの組み合わせでできています

不動産会社の営業形態別「メリット・デメリット」

実は、不動産会社は3つのパターンの組み合わせでできています。不動産会社の営業形態別「メリット・デメリット」不動産会社というと、大きく3つのパターンにわかれます。

1.仲介も管理もオーナーでもある不動産会社

メリットはそこの不動産の持ち物件であればちょっと安くできるかもしれないという点です。デメリットは自社物件に入って欲しいという思いで公平に情報を出さない可能性があります。

2.店舗を構えていない管理・オーナーを兼業している不動産会社

メリットとしては、その不動産会社にたどり着ければ、そこの管理物件であれば少し安くなるかもしれないという点です。デメリットはそもそもお互いが求めていない。出会えない。という点です。この不動産会社は、仲介専門の不動産が取引をする不動産会社と考えてください。こちらもその場で審査という可能性があります。

3.仲介専門の不動産会社

ターミナル駅前にあるような不動産会社がこのパターンに多いです。デメリットは紹介できない物件が稀にある。どこの不動産会社も一緒のデメリットを持っています。
メリットは、
・幅広い地域を網羅している
・色々な物件を公平に同条件で幅広く紹介できる
・情報量が凄い
・審査に関しては入居者側の立場となってアドバイスしてくれる

不動産を探す時はこのパターンの不動産会社が一番おすすめと言えるでしょう。

3.仲介専門の不動産会社

ターミナル駅前にあるような不動産会社がこのパターンに多いです。デメリットは紹介できない物件が稀にある。
どこの不動産会社も一緒のデメリットを持っています。

メリットは、
・幅広い地域を網羅している
・色々な物件を公平に同条件で幅広く紹介できる
・情報量が凄い
・審査に関しては入居者側の立場となってアドバイスしてくれる

不動産を探す時はこのパターンの不動産会社が一番おすすめと言えるでしょう。

良い営業マンの5つの特徴

1.誠実で一生懸命であるか
2.内情を話してくれる
3.価値観を共有しようとしてくれるか
4.今の仕事など身の回り雇用形態などを事前に聞いてくれるか
5.フィーリング

まとめ

いい物件が出るか出ないかを除くとあまり人が引っ越さない時期はお勧めです。梅雨時期や真夏は、オーナーとの賃貸条件交渉が効く時期です。こんな時期はキャンペーンを行うことが多いです。繁忙時期だから絶対埋めたい!というのでキャンペーンを行う不動産会社もいるので一概には言えないですが、交渉してほしいという方は繁忙時期以外の引越しを狙いましょう。