帝王学に隠された金運上昇の秘密

一般的に“帝王学”と言えば、御曹司や名家の子などが生まれた頃から教育させられる特別教育を想像します。“学問の”学“”という文字が当てられているが、実際にそれを学習できる場所があるわけでもなくて、家では帝王学を学んでいていますという人にも会ったこともない。何やら怪しい密教のように一人歩きしている帝王学ですが、いったい帝王学とはどのようなものなのでしょうか?

帝王学はすなわち“人間学”である

帝王学は、時代のリーダーや権力者または指導者が習得してきたというイメージは正しいのですが、しかし、なぜそんな一部の権力者が帝王学を学ぶ必要があったのでしょうか?その理由は、帝王学が“権力をずっと得るための人間学”であるからです。帝王学は、体系化されていない、すなわち正式な学問ではない。だから、書店に行っても帝王学というカテゴリーは存在せず、帝王学を学習できる場所も存在しません。実態が把握しにくい、帝王学は権力者の家庭に代々伝わることで、いわば“家訓”と同じである。例えば「君主論」や「実理論」のようなものは、成功者たちの自伝のような作りになっていて、内容はそれぞれ「人間」について深く洞察し、真理を問いているものである。だから、冒頭で述べた密教のように継承されてきたということは必ずしも間違いではない。それではなぜ、時の権力者が執ように帝王学に、いや人間学にこだわって、それをのちの世に伝えようとしたかというと、権力を手中におさめて、恒久的に富を生み出すには、人間について知らなければならない事を強く感じたからである。

帝王学は人間関係の循環を言う

帝王学は、権力者のための教科書だから、必然的に内容が政治的な視線または経営者的な視線で使われている。人を組織して適切に動かす方法または会社を運営して富を得る為の方法など内容は様々だが、その中でも“権力を他人のために役立てる”事が重要事項として説明されている場合が多い。何故ならこの“他者への視点”が長く権力を保持することに繋がり、また長く続く権力は安定した富を長く得つづける事ができるからである。すなわち帝王学は、表面的な処世術や人心掌握術を説明するのではなく、人と人の間に起きる循環の重要性を説いた書籍です。権力や富が一箇所に集中して、権力者がそれを手放さなければ、人は権力や体制を維持することができなくなってしまう。これを“権力の腐敗”と言うが、何事も通風をよくして、頻繁に手入れを行っていれば腐っていく事はないのですが、一度滞ってしまとますます腐っていってしまうのは食べ物や人間関係も同じです。そして、人と人の間の循環が滞れば、その間に介在しているお金もまた腐ってしまうということです。先程から“人の上立つこと”や“群れを成すこと”が、お金を引き寄せるために非常に重要な事項ということを説明してきました、これは権力を手に入れてふんぞり返るのではなく、他人への視点を忘れず、それを循環させていくのに意味があるということである。“他人への視点”と言えば、たいそう大げさなようにも聞こえるが当然の事に気を配れば良い。例えば毛沢東が人民軍につけた八つの注意事項があるが、それは全て他人への視点として当然な事が列挙されています。

一.話はおだやかに
二.支払いは公平に
三.借りし物は返す
四.物が壊れたら弁償する
五.人を殴ったり、怒鳴ったりしない
六.農作物を荒らさない
七.婦人をからかわない
八.捕虜をいじめない

どれも当然なことが並べられていますが、これをどんな状況でも実行できる人は少ないのではないでしょうか?人間関係において、当然の事をまずは当然のように行う。それを教えてくれるのが帝王学になります。あなたは一段高い視点で人間関係を俯瞰することで、きっと今まで比較にならないような富を得ることができるかもしれません。

シェアする