「幸せな小金持ち」と「不幸な小金持ち」

小金持ちには、「幸せな小金持ち」と「不幸な小金持ち」があります。
あなたはどっち側がなりたいですか?それは一般的には「幸せな小金持ち」だと思います。

「幸せな小金持ち」になるためには?

それでは「幸せな小金持ち」になるためにはどのようにすればよいのでしょうか?
小金持ちになるのは、実はそこそこ年収は必要だったりする場合があります。
お金がなければ、できる事も限定されてしまう事が理由です。

したがって自分が、やりたい事もできる年収を得ていて衣食住や遊びが満喫している状態が「幸せな小金持ち」ということになります。
また「不幸な小金持ち」というのは、お金があってもやりたい事もなく、衣食住や遊びを満喫しないでいる状態のことを言います。

それでは、「幸せな小金持ち」になるためにはどのようにすればよいのでしょうか?
よく、自分のやりたいことをすればよいと話す人がいます。
成功している人はいつも同じ話です。

本人が心から楽しいと感じる事を一心不乱に没頭していれば、道は開いて運が良くなって、結果的に「幸せな小金持ち」にもなると思います。
だが大抵の人が、はじめからそんな好きな事をそもそも見つけられないし、仮に見つかったとしてもお金や仕事が理由で続けられない。
家族がいるので好きな働き方を選ぶ事はできない。
そんなにうまくいかないだろう。などなど、いつの間にか自分自身でやらない理由を探してしまっています。

それでは、そのジレンマをどんな風に解消していけばよいでしょうか?

好きな事とわかっていても、現在の生活を投げ出してはじめられる人は一握りだと思います。

好きな事に没頭していればそのうちに道は開けるかもしれません。
ただそうなる保証はどこにもないし、失敗したらどうしようって考えるのが普通の感覚です。まさにその感覚は正しいです。

そういった場合、どんな風にすればよいものかを考えると、それは、現在、収入を得ている事は仕事などあれば温存して、空いた時間にまずが趣味からでいいので没頭する何かをはじめる事です
それであれば、お金に関してのリスクはありません。

まずは損益考えずに没頭する事に集中してはじめてみる事が大事です。

ただ、没頭して趣味をしているだけではお金は一円も生み出しません。
この没頭している事をお金に変換するにはどのようにすれば良いかを徐々に考えるようにしていってください。

お金というのは、人が不便だと感じている事を便利にする為にお金を支払います。

あなたの没頭している趣味が、他の人の不便さを解消する事につながらないかを考えてみてください。

没頭して何かをする事は、案外人の役に立っている場合があります。

自分は単純に趣味のつもりかもしれないが、他の人から見ればあなたの趣味は、不便さを解消する何かになり得るかもしれません。

これに気づいて行動する事ができるかが、
「幸せな小金持ち」と「不幸な小金持ち」の人生を分けるポイントになります。