商品券・ギフトカードの換金相場を比較

最終更新日

使用しないままタンスの中に眠ってしまっている商品券やギフトカードはありませんか?そのままとっておくより金券ショップで換金する方法はいかがでしょうか。商品券の種類によっては使用期限が切れてしまう場合もあるので、期限が切れる前に換金するタイミングを逃さないように注意しておきましょう。商品券やギフトカードの買取ショップは全国に店舗を構えているものから、郵送受付のものまで様々なタイプが存在しています。また換金率や買取相場はその時の需要によってレートがそれぞれ変わるで、こちらのページでは上手に高額に買い取ってもらうためにどうするべきかを、各商品券の種類別に換金レートをまとめました。

商品券の換金率・買取相場情報の一覧

金券ショップで主に取り扱いのある商品券の買取率の相場情報をご紹介していきます。こちらの一覧は換金する際の一つの目安になるので、お持ちの商品券売る際に参考にしていただけるかと思います。

金券ショップで商品券の買取相場(全国平均)

全国百貨店共通商品券:95%~98%
イオン商品券:94%~97%
セブン&アイグループ商品券:94%~97%
ユニー商品券:93%~96%
ビックカメラ商品券:92%~95%
ドンキホーテ商品券:92%~95%

買取率が一番高いのは「全国百貨店共通商品券」のようです。この商品券はどの金券ショップでも買取高くは高く設定されている商品です。
全国百貨店共通商品券を売る場合、買取率が額面の95%以上だったら売るには適しているかと思います。また、地域によっては買取率も94%や93%などに低くなったり場合がありますが、ある程度売る量があるようであれば郵送買取を利用して、都内の金券ショップに売ってしまった方が金額は高くなるケースもあると思います。
ちなみに、東京の場合は相場が97%〜98%になるかと思います。
お近くの金券ショップが93%だったりする場合は、5万〜10万円以上の商品券を売却する場合は、送料など考慮しても郵送買取で東京などの高い地域の金券ショップで買い取って貰った方がお得な計算になります。

ギフトカードの買取率・買取相場情報

続いて、金券ショップで主に取り扱いのあるギフトカードの買取率の相場情報をご紹介します。こちらもギフトカードを売る際の一つの目安になるかと思いますので参考にしてください。

ギフトカードの種類別の買取相場(全国平均)

JCBギフトカード:94%~97%
VJA(旧VISA)ギフトカード:93%~96%
三菱UFJニコスギフトカード:93%~96%
UCギフトカード:93%~95%

最も高いのは、国内最大手のカード会社JCBのギフトカードになります。JCBギフトカードは株主優待券で使われていたり、プレゼントや賞品として貰ったりする機会も多いので、実際に今お持ちだったりする方もいらっしゃるのではないでしょうか?JCBギフトカードを売る場合も地域やその時々で、買取相場は変動しますが、94%以上であれば充分に売っても良いレベルではないかと思います。

高額で買い取ってもらうために注意しておくこと

商品券やギフトカードを高額に買取してもらう為に、こちらの2点に注意してください。

・保存状態を良くしておく事
・一度に沢山の量を売る事

以外に知られていない事ですが、商品券やギフトカードの保存状態が悪い場合は買取価格が下がる場合があります。金券に穴があいている場合や著しく裏面が汚れている場合などは買取NGになる可能性があるのでご注意ください。商品券を売る際に一度に沢山の量がある場合、買取率の交渉をする事ができる場合があるので、高額で買い取ってもらえる確率も高くなります。

金券ショップの査定時に注意しておくこと

金券ショップで買取相場を調査した後、実際に売る際に注意しなければいけない事があるのでお伝えいたします。

未成年について

金券ショップでは未成年ということで買取を断る場合も少なくありません。また、買取が可能であったとしても保護者の承諾書が求められ場合がほとんどになります。事前に金券ショップの店舗に連絡して、承諾書が必要な場合は用紙をもらって保護者の方に記入してもらうようにしてください。

有効期限について

商品券やギフトカードの種類によっては、有効期限が決まっている場合もあります。有効期限が切れてしまっている物は当然買取NGになりますが、有効期限が短い場合は換金率が低くなるか、買取不可のケースもあるので、今お持ちの商品券やギフトカードの有効期限は事前に調べておきましょう。

まとめ

商品券・ギフトカードの買取相場と注意点についてご紹介させていただきました。今お持ちだったりする商品券やギフトカードを少しでも高く買い取ってもらう際は、このページをぜひ参考にしてください。

シェアする